株式会社中央競馬ピーアール・センター様

株式会社中央競馬ピーアール・センター様 映像・情報部 調査役映像システム課場内映像・映像伝送グループリーダー近藤 潤 氏 映像・情報部 調査役映像システム課場内映像・映像伝送グループリーダー近藤 潤 氏 映像・情報部 調査役
映像システム課
場内映像・映像伝送
グループリーダー近藤 潤 氏

日本中央競馬会(JRA)の広報事業

シンプル&安価なサービスで、
日本全国どこにいても映像・写真データへのアクセスが可能に

インフォーメーション映像制作、WEB制作など多岐に渡る業務を、全国の競馬場で行う事が多いため、遠隔地からでも情報共有する必要があった。法人向けオンラインストレージ『ixMark(イクスマーク)』の導入背景とその効果について映像システム課場内映像・映像伝送グループリーダー 近藤 潤氏にお話を伺った。

導入前の課題

クラウドストレージへの保管

「競馬開催は1年間の開催予定が決まっており、基本土日開催です。毎週日本全国どこかの競馬場に行く必要があり、出張先で写真データの確認や映像データを確認する必要があったので、宅ふぁいる便やfirestorageを利用していたんです。しかしデータが一定期間で削除されてしまうので、再度確認する場合はアップロードし直すなど、煩雑化していたんです。」(近藤 潤氏)
これまで、無料個人向けストレージサービスを利用することが主だったが、データを安全かつ長期的に残し続ける環境を低コストで準備する必要があった。

導入の決め手

お値段とシンプル!が大きなポイント

今まで掛かっていない費用を新たに掛けるため、出来るだけコストを抑えたい。出張先でデータを確認する用途がメインなので、必要のない機能は排除したいと考えていました。ixMark(イクスマーク)を含め数社にご提案をお願いしていましたが、デモも確認した結果、当社には必要ないだろうという機能が多かった。
ixMark(イクスマーク)はお値段も安く、シンプルで分かりやすかった。プラスして営業担当が丁寧だった。

導入効果

映像制作の過程で外の会社とのやり取りも多く、アカウントを発行してデータのアップロードもさせている。フォルダは管理画面よりアクセス権を設定しており必要のないフォルダは見えないので、安心して使わせている。
元々、出張先からデータにアクセスしていた運用を変える事なく、より良いサービスを選ぶ事が出来、満足している。

既存ファイルサーバからの切り替え方法や
導入のご相談を承ります。
ixMark TOPixMark TOP