Internet Explorerでは表示が崩れる場合がございますので、下記推奨ブラウザにてご確認ください。
推奨ブラウザ:Chrome,MicroSoft Edge,Fire Fox

法人向けクラウドストレージ イクスマークの活用シーン

法人向けクラウドストレージ イクスマークのかしこい活用術

イクスマークのイマドキな活用方法を伝授

テレワーク導入促進

case1

テレワーク導入促進

テレワーク導入に向けたデータ共有ツールとして

テレワークを導入するためには『データの共有』という課題が付きもの。
イクスマークはPC・スマホ・タブレットに対応しているため、自宅にいてもカフェにいても、場所を選ばずデータの管理・共有・共同作業が可能です。
また1ヶ月お試しプランを利用すれば、当日15時までのお申込みで翌日に使用可能!テレワーク環境をすぐに導入できます。
テレワークにおけるセキュリティ対策も万全です。暗号化された通信でセキュアな環境を確保しているため社外にいても、安全に運用管理できます。

災害対策促進

case2

災害対策促進

災害対策向けデータバックアップとして

雨による水害や地震災害など、相次ぐ災害への対策として法人企業の「データのバックアップ」の需要が増しています。 クラウドストレージにデータのバックアップを保存することで、よりデータの保守・運用を増強できます。
イクスマークはコスパNO.1の法人向けクラウドストレージなので、大容量でセキュリティも万全!
どんなときでも業務を効率よく行い、生産性を向上させるために、イクスマークでクラウドストレージ上にバックアップをつくりましょう。

大容量ファイルの扱い

case3

大容量ファイルの扱い

映像やデザインデータの共有と保管

高画質化する映像や写真データは容量が大きく、保管や転送にはコストと手間がかかります。
イクスマークはデータのアップロード制限なし!クラウドストレージ上にあるデータの共有用ダウンロードリンクをメールに添付するだけで、大容量ファイルを社内や社外の人に簡単に提供できます。
クリエイターたちの悩みであった大容量の映像データやデザインデータの共有も外部サービスを使うことなく、イクスマークだけでスムーズに実現できます。