Internet Explorerでは表示が崩れる場合がございますので、下記推奨ブラウザにてご確認ください。
推奨ブラウザ:Chrome,MicroSoft Edge,Fire Fox

ixmeadia

中小企業のIT専任担当じゃない人のためのメディア

【マーケ初心者向け】Google Analyticsをわかりやすく解説!

 

皆さんはGoogle Analytics・通称:GA を知っていますか?
導入したのはいいけれど、どんな数値を見たらいいかわからなかったり、どこを見れば見たいものが見られるかわからなかったりすると思います。

今回は、そんなマーケ初心者に向けて、GAの簡単な使い方についてご紹介させていただきます!

 

 

 

 

【はじめに】Google Analyticsとは

Google Analyticsとは、Googleが無償で提供している、Webアクセスの解析ツールです。
自分たちで運営しているWebサイトにアクセスしてきたユーザーの情報を見ることが出来ます。

Google Analyticsでわかること

    ・どれだけユーザーが来たか?
    ・どこからユーザーが来たか?
    ・どんなユーザーが来たか?
    ・みてほしいページを見てくれたユーザーはどれだけいるか?

 

などなど、Webサイトを運営しているうえで、気になる数値の集計を行うことができます。

そして、ここで得られた数値をもとに、Webサイトの改善を行っていくことが目的です。
いきなり分析といっても難しいと思うので、まずは特によく使う単語を覚えていきましょう。

 

 

 

【知っておこう】GAの基本

ここでは、GAを使う上で覚えておくべきワードについて解説します。
GAの基本的な概念として、「ディメンション」 と 「指標」 というものがあります。
まずは、この二つについて解説していきます。

 

「ディメンション」とは

ディメンションとは、数字の “項目名” のことです。
例えば、
「ページ」ごとのユーザー数を知りたい
「性別」ごとのユーザー数が知りたい
 
この場合の「ページ」「性別」のことをディメンションといいます。

 

「指標」とは

指標とは、計測した数値の名前のことです。

例えば、
ページごとの「ユーザー数」を知りたい
ページごとの「離脱率」を知りたい

この場合の「ユーザー数」「離脱率」のことを「指標」といいます。

★ちょこっとアドバイス★
「どんな項目(ディメンション)」 の 「どんな数値(指標)」が知りたいか?
これをおさえておくだけで、GAの理解が一気に進むはずです!

 

 

 

【試してみよう】GAの使い方

ここまで読んでいただければGAの基本は押さえられたと思います。
次にどんな数値が取得できるのか例を挙げてご紹介します。

 

サイトを訪れたユーザーがどこから来ているか確認しよう

 

メニューの「集客」 > 「概要」

を選択することで、チャネルごとにユーザー数を知ることができます。

「チャネル」とは、ユーザーがどの経路をたどってアクセスしてきたかを表す一番大きな括りのことです。
どのようなチャネルがあるかを下記でご紹介いたします。

チャネルの種類

    ■Organic Search
     Googleや、Yahooなど、検索からの流入数です。

    ■Direct 
     ブックマークや、直接URLを入力するなどをして流入した数です。

    ■Referral
     別のサイトにから、リンクで流入してきた数です。

    ■Social
     TwitterやFacebookなどのSNSからの流入数です。

    ■Paid Search
     Googleなどの有料リスティング広告からの流入数です。

    ■Display
     Googleなどの有料ディスプレイ広告からの流入数です。

 

どこからアクセスしてきたかを把握することで、広告施策や、宣伝の施策などの影響などを知ることができます。

 

 

サイトを訪れたユーザーの人数や年齢を調べよう

 

メニューの 「ユーザー」 > 「概要」を選択すると、
アクセスしてきた「ユーザー数」や、すぐに離脱してしまったことを表す「直帰率」を知ることができます。

また、概要内のユーザー層の項目を選択すると、地域別のユーザー数や、ブラウザ毎のユーザー数を知ることができます。

 

そのほかにも、
性別や特定の年齢層をターゲットとしているサイトにおすすめなのは、

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」

です。ここではディメンションとして、「性別」や「年齢」を選択して、そのユーザーの割合を知ることができます。

 

 

どのページが最も見られているか確認しよう

 

メニューの「行動」>「概要」

を選択することで、ユーザーがどのページをよく見ているのかを把握することができます。
どのページがよく見られているか把握することで、Webサイトの改修に役立てることができます。

また、ここではページのURLだけでなくページのタイトル別に表示させることも可能です。

 

 

 

【さいごに】まとめ

今回は、GAを使う上で必要なワードと基本操作についてご紹介いたしました。

中でも、
「どんな項目(ディメンション)」の「どんな数値(指標)」

という概念がおさえられればGAマスターへの第一歩目です!!

ほかにも、
Google広告との連携や、サイト内でのユーザーの動きの分析、
日々の数値確認を効率化するテクニックなど、GAは出来ることが満載です!
これを機にGAをたくさん触ってみてGAマスターを目指してみていかがでしょうか?

 

そのほか、マーケディング初心者向けの記事もご覧ください!

 

 

一覧に戻る

PAGETOP

資料ダウンロード

クラウドストレージ活用方法から比較資料まで、
日々の業務に役立つ資料をご用意しております。

ダウンロードページ

お問い合わせ

03-5549-4646

営業時間 10:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

お申込み

ixMarkを新規でご利用されるお客様は、
こちらのフォームからお申込みください。

お申込みフォーム