Internet Explorerでは表示が崩れる場合がございますので、下記推奨ブラウザにてご確認ください。
推奨ブラウザ:Chrome,MicroSoft Edge,Fire Fox

ixmeadia

中小企業のIT専任担当じゃない人のためのメディア

【IT初心者向け】読めばすぐわかる!クラウドってなに?

最近、CMやニュースで当たり前に聞くようになった「クラウド」という言葉は、「クラウドファンディング」「クラウドサービス」などいろいろな場所で使われています。
しかし、「クラウド」の意味を答えられる人は意外に少ないのではないでしょうか?本記事では、そんな「クラウド」について、ITの知識があまりない方にも分かりやすく解説していきます!

 

 

 

クラウドとは?

「クラウド(=Cloud)」とは、英語で空に浮かんでいる「雲」のことを指します。この「クラウド」という言葉は、IT業界では別の意味で使用されています。
IT業界の「クラウド」とは「クラウドコンピューティング」の略で、「コンピューターがインターネットを通じて必要なものを必要な時に利用する」形態のことです。

 

 

クラウドの仕組み

「クラウド」では、アプリやデータが目の前のパソコンの中にあるのではなく、ネットワークにつながった先に存在しています。「クラウド」に大事なデータを預けることになるので、クラウドサービスを使う時は、きちんとセキュリティ対策がされているか確認することが大切です。

 

 

クラウドサービスの例

私たちがよく利用している代表的なクラウドサービスには、Googleが提供している「Gmail」や「Yahoo!メール」などのWebメールサービスがあります。このようなWebメールサービスは、パソコンやスマートフォンなどの端末に、メールソフトをインストールする必要がありません。送受信したメールは、端末の中ではなく、ネット上にある見えないサーバ(クラウドサーバ)に保存されます。ですから端末を買い替えた時でも、Webブラウザ上で自分のアカウントにログインすれば、過去のメールを閲覧することができます。

一方、「Thunderbird」や「Outlook」などは、端末にメールソフトをインストールする必要があります。
そしてその後、メールサーバーの設定をしなければ、メールの送受信はできるようになりません。送受信したメールは端末の中に保存されるため、端末を買い替えた時は、新しい端末で過去のメールを閲覧することはできなくなります。
このように、クラウドとは反対に全ての資源を自分で管理することを「オンプレミス」といいます。

 

【クラウドとオンプレミスの違いについてはこちらの記事で詳しく紹介しています!】
【初級編】ファイル保管・共有どうしてる?ファイルサーバーとクラウドストレージの違いをご紹介!

 

 

クラウドは利便性をもたらす!おすすめクラウドサービスをご紹介!

上記で紹介したWebメールサービスの他にも、「クラウド」はいろいろなサービスに利用されています。
「クラウド」を使った、便利なサービスを用途別に4つ紹介していきます!

 

紙より速い!クラウド契約!SMBC クラウドサイン / クラウドサイン

SMBCクラウドサインは「紙と印鑑」で行っていた契約業務を「オンライン」で完結させるサービスです。

 

打刻データをクラウドでリアルタイムに確認!KING OF TIME / クラウド勤怠管理システム

KING OF TIMEは打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能となります。

 

クラウド上でデータを安全管理 ixMark(イクスマーク) / クラウドストレージ

画像出典:https://ixmark.jp

業界No.1のコスパでセキュアにデータの「保管・管理」を実現できます!
20ユーザープラン ¥19,800 /月

 

パスワードをクラウド上で一括管理 1Password(ワンパスワード)/ クラウドパスワード管理システム

パスワードを保存した後は、シングルクリックですべてのサイトに簡単にログインできます。たくさんあるアカウントをセキュアに管理するためのサービスです。

 

 

まとめ

本記事では、IT初心者の方に向け、「クラウド」の意味と、仕事で役立つ「クラウド」を使ったサービスをご紹介させて頂きました。
「クラウド」について、少しだけでも理解を深める手助けにして頂ければ幸いです。

 

ixMarkでは、テレワーク導入・助成金/補助金についてお困りの方へ向け、無料のオンライン相談窓口を開設しております。
まずはお気軽にご相談ください!

 

一覧に戻る