Internet Explorerでは表示が崩れる場合がございますので、下記推奨ブラウザにてご確認ください。
推奨ブラウザ:Chrome,MicroSoft Edge,Fire Fox

ixmeadia

中小企業のIT専任担当じゃない人のためのメディア

【IT初心者向け】読めばすぐわかる!クラウドってなに?

2020年6月11日 公開
2022年9月14日 更新

最近、CMやニュースで当たり前に聞くようになった「クラウド」という言葉は、「クラウドファンディング」「クラウドサービス」などいろいろな場所で使われています。
しかし、「クラウド」の意味を答えられる人は意外に少ないのではないでしょうか?本記事では、そんな「クラウド」について、ITの知識があまりない方にも分かりやすく解説していきます!

 

 

「3分でざっくりわかるクラウドのこと」資料ダウンロード

クラウドを導入するメリットと費用感をご紹介
クラウドで働く環境がどう変わるのか、具体的にイメージできます!

 

 

【まずはじめに】クラウドとは?

クラウドとは「クラウド・コンピューティング」の略で、「インターネットなどのネットワーク経由でユーザにサービスを提供する」形態のことです。
なぜクラウドと呼ばれているのかは諸説あり、インターネット(雲=cloud)の向こう側の目に見えない場所にあるサービスを利用していることや、crowd(クラウド)と書いて、集約したシステムという意味でクラウドと呼ぶようになったという説もあります。

 

 

クラウドの特徴

クラウドでは、アプリケーション、ソフトウェア、サーバー、ストレージといった、コンピューターを使った様々なサービスを、インターネット経由で利用することができます。つまり、インターネット経由でクラウド上にあるサービスを「借りて」来て利用するため、従来のようにハードウェアを購入したり、ソフトウェアを端末にインストールしたりしなくても利用できます。インターネットに接続できる環境さえあれば、自分で環境を構築しなくても、必要な時に必要な分だけサービスを利用できるのが特徴です。

 

 

クラウドはどこにあるのか?

クラウドは目には見えませんが、クラウド事業者は物理的なサーバーを運用しており、ユーザはインターネットを経由してこのサーバーにアクセスします。物理的なサーバーの所在地はセキュリティ上、非公開にしているクラウド事業者がほとんどのため、クラウドのデータが実際にどこに保管されているか知ることはできません。「どこにあるかは分からないけれど、どこかにあるサーバー」を使わせてもらっているのです。

 

 

クラウドの種類

クラウドには複数種類があり、サービスの提供範囲によって大きく3つに分類されます。

・SaaS(Software as a Service)
・PaaS(Platform as a Service)
・IaaS (Infrastructure as a Service)

 

SaaS(Software as a Service)

SaaS(サース)は、アプリケーション(ソフトウェア)を提供するクラウドサービスです。端末にアプリケーションをインストールすることなく、必要なサービスをインターネット経由で手軽に利用することができます。また、完成されたサービスを利用する形式なので、カスタマイズの自由度はあまり高くありませんが、その分専門知識が無くても利用できるメリットもあります。一般的にSaaSが最も身近なものですので、利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

SaaSの代表例
・Microsoft Office 365などのオフィスソフト
・GmailなどのWebメール
・Dropboxなどのオンラインストレージ
・サイボウズなどのグループウェア

 

PaaS(Platform as a Service)

PaaS(パース)は、アプリケーションを構築して稼働させる開発環境(プラットフォーム)を提供するサービスです。アプリケーション開発で必要になるハードウェアやOS、データベース、プログラム実行環境といったプラットフォーム一式をインターネット経由で提供してくれるため、複雑な開発環境を構築する手間がかかりません。SaaSは一般の方でも利用しやすいクラウドサービスであるのに対して、PaaSはシステム開発者にとって欠かせないサービスと言えます。

PaaSの代表例
・Amazon Web Services(AWS)
・Microsoft Azure
・Google Cloud Platform(GCP)

 

IaaS (Infrastructure as a Service)

IaaS(イアース/アイアース)は、システムの基盤となるネットワークやサーバー、ストレージといったインフラ機能だけをインターネット経由で提供するクラウドサービスです。例えば、OSやアプリケーションは自分で準備したものを使いたいけれど、インフラ機材の保有・管理はしたくないという場合にIaaSは最適です。SaaSやPaaSに比べてカスタマイズの自由度が高い分、使いこなすには専門知識が必要になります。

IaaSの代表例
・Amazon Web Services(AWS)
・Microsoft Azure
・Google Cloud Platform(GCP)

PaaSとIaaSは異なるものですが、似通った部分も多いです。代表例として挙げた3つのサービスは、PaaSとしての機能も、IaaSとしての機能も備えています。

 

 

「オンプレ」との違いが分かる!身近なクラウドサービスの例

私たちがよく利用している代表的なクラウドサービスには、Googleが提供している「Gmail」や「Yahoo!メール」などのWebメールサービスがあります。このようなWebメールサービスは、パソコンやスマートフォンなどの端末に、メールソフトをインストールする必要がありません。送受信したメールは、端末の中ではなく、ネット上にある見えないサーバー(クラウドサーバー)に保存されます。ですから端末を買い替えた時でも、Webブラウザ上で自分のアカウントにログインすれば、過去のメールを閲覧することができます。

一方、「Thunderbird」や「Outlook」などは、端末にメールソフトをインストールする必要があります。そしてその後、メールサーバーの設定をしなければ、メールの送受信はできるようになりません。送受信したメールは端末の中に保存されるため、端末を買い替えた時は、新しい端末で過去のメールを閲覧することはできなくなります。このように、クラウドとは反対に全ての資源を自分で管理することを「オンプレミス」といいます。

 

【クラウドとオンプレミスの違いについてはこちらの記事で詳しく紹介しています!】
【初級編】ファイル保管・共有どうしてる?ファイルサーバーとクラウドストレージの違いをご紹介!

 

 

クラウドのメリット

クラウドを導入することでどんなメリットが得られるのか解説します。

①コストを抑えられる

クラウドサービスを利用すれば、機器やソフトウェアを購入する必要がないため、初期の導入費用を抑えられます。また、運営元が管理およびメンテナンスを行うため、導入後の維持費や運用・監視する人件費も削減できます。さらに、クラウドサービスの多くは従量課金制で利用量に応じて費用が発生するため、必要以上に費用がかかることもありません。

 

②時間や場所を問わず利用できる

クラウドはインターネットにつながればいつでもどこでも利用できるのも大きなメリットです。外出や在宅勤務で社外にいても、リアルタイムで社内システムの利用やデータ共有が可能なため、無駄な出社を減らして業務の効率を上げることができます。

 

③データ消失のリスクを分散できる

データのバックアップ先としてクラウドを活用することで、万が一のデータ消失のリスクを下げられます。例えば、社内サーバーだけでデータを管理している場合、地震などの災害時の物理的な被害によって、全てのデータが消失してしまうリスクがあります。一方で、各クラウドサービスのバックアップオプションを利用してデータのバックアップを取っておけば、このようなデータ消失のリスクを分散することができます。

 

 

クラウドのデメリット

クラウドはとても便利ですが、デメリットもあるため注意が必要です。

①コストが増加する可能性がある

メリットでコストが抑えられる点を挙げましたが、クラウドサービスの大半は月額や年額での定額サービスで提供しているため、トータルで見るとコストが割高になる可能性もあります。不要なコストを抑えるために、検討しているクラウドサービスが自社の規模や用途に見合っているか、利用状況に応じてプランの変更がしやすいかどうかなど、導入前にしっかり調査しておきましょう。

 

②インターネット環境がないと利用できない

クラウドはインターネットにつながらないと利用できないため、通信障害などのネットワークトラブルが発生すると、業務が止まってしまうリスクがあります。

 

③セキュリティに関するリスクがある

クラウドサービスの多くは、顧客の重要なデータを守るためセキュリティ面に特に力を入れています。しかし、サイバー攻撃や人為的な操作ミスによる情報漏洩リスクもゼロではないことをあらかじめ理解しておく必要があります。セキュリティ対策が万全なクラウドサービスを選択することでこれらのリスクを下げることができるため、クラウドサービス選びは慎重に行うことが大切です。

 

 

クラウドは利便性をもたらす!おすすめクラウドサービスをご紹介!

ビジネスで活用できる、「クラウド」を使った便利なサービスを用途別に4つ紹介していきます!

 

紙より速い!クラウド契約!SMBC クラウドサイン / クラウドサイン

SMBCクラウドサインは「紙と印鑑」で行っていた契約業務を「オンライン」で完結させるサービスです。

 

 

打刻データをクラウドでリアルタイムに確認!KING OF TIME / クラウド勤怠管理システム

KING OF TIMEは打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能となります。

 

 

クラウド上でデータを安全管理 ixMark(イクスマーク) / クラウドストレージ

画像出典:https://ixmark.jp

業界No.1のコスパでセキュアにデータの「保管・管理」を実現できます!
20ユーザープラン ¥19,800 /月

 

 

パスワードをクラウド上で一括管理 1Password(ワンパスワード)/ クラウドパスワード管理システム

パスワードを保存した後は、シングルクリックですべてのサイトに簡単にログインできます。たくさんあるアカウントをセキュアに管理するためのサービスです。

 

 

【さいごに】まとめ

クラウドは時間や場所を問わず必要な分だけサービスを利用できるため、上手く取り入れれば業務の効率化につながります。テレワークや災害対策にも活用できるため、今後ますます導入する企業が増えていくでしょう。情報漏洩などの安全性に対する懸念もありますが、セキュリティ対策が万全なクラウドを選ぶことでリスクを回避することができます。
本記事を、「クラウド」について少しでも理解を深める手助けにして頂ければ幸いです。

 

「3分でざっくりわかるクラウドのこと」資料ダウンロード

クラウドを導入するメリットと費用感をご紹介
クラウドで働く環境がどう変わるのか、具体的にイメージできます!

 

 

一覧に戻る

資料ダウンロード

クラウドストレージ活用方法から比較資料まで、
日々の業務に役立つ資料をご用意しております。

ダウンロードページ

お問い合わせ

03-5549-4646

営業時間 10:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

お申込み

ixMarkを新規でご利用されるお客様は、
こちらのフォームからお申込みください。

お申込みフォーム

PAGETOP